いつもよりも皮膚に透明感があって

よく眠れたお日様の朝方、いつもよりも皮膚に透明感があって皮膚がテカテカしているように感じたことはありませんか?

あんなお日様は化粧を通してみると、ファンデーションもいつもより常連が良かったりしますよね。
どうしても安眠はきれいなお肌を保つために必要なのかな?そんな風に思って自分なりにちょこっと実験を通してみました。

■わざわざ深夜更かししてみると…
いつもはお昼くらいにはベッドへ入りすぐに眠りますが、午前2シチュエーションうちまでケータイをいじりながら起きていました。
これから眠ろうかと思いましたが、ケータイの感化か何だか寝付けません。
原則、眠れたのは3シチュエーションほどだったと思います。
朝方7シチュエーションまで4間眠りましたが、もっと要求を見ていた感じでさっぱりインスピレーションがなくふと心中もボーっとしたフィーリング。
銭湯部屋をめぐって鏡を見たら皮膚がくすんでいるどころかクマまでできていて装いから不健康そうでした。
出かける間が迫っていたので慌てて顔を洗って化粧を始めましたが、頬から鼻にかけて毛孔が絶えず以上に開いていて思うようにファンデーションが塗れません。
どうしてもいつもどおりに窺えるみたい化粧を通して出かけましたが、乱雑も速く何度も化粧直しをするはめに。
安眠が十分でないという課題になるととことんわかりました。

■ちゃんと眠ったお日様は…
別のお日様に今度はとっくり眠ったお日様の皮膚の雰囲気を審査。
向上ホルモンがの分泌が最もいいと言われるのは昼過ぎ10シチュエーションから午前2シチュエーションだといいます。
こういう4間をムダに控えるみたい、ケータイの審査もやめて10シチュエーションちょっと前に寝る系列に入ってみました。keshethahurva.com

普段よりも速いから眠れないかもと思っていましたが苦しみはフリー。
翌朝6シチュエーションまで敢然と8間眠ることができました。
すっと、鏡で皮膚の雰囲気をチェックしてみた先、見た目で極めるほどのモチモチインスピレーション。
まさか不潔も目立たなくなっているように思えました。
当然触った体感もとことん眠らなかったお日様は大違いだ。

一年中の安眠でこんなにも皮膚の見た目が変わる物なのかという本音驚きました。
自分の年令や肌質に合った化粧品を使いながら、安眠を十分にとるようにしていけば美肌を保っていただける気がします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です